コンタクトレンズ装着液「口コミ」で選ぶおすすめ品はコレ!

コンタクトレンズ装着液「口コミ」で選ぶおすすめ品はコレ!

コンタクトレンズ装着液の「おすすめ」が知りたい!
そんな、あなたに、3つほど、おすすめのコンタクトレンズ装着液をお伝えします。

 

 

コンタクトレンズを付けると、目がパサパサしたり、カピカピになったり。

 

瞳の乾燥に悩まされることが多いですよね。

 

そんな時に役立つのが、コンタクトレンズ装着液の目薬。
レンズに1滴たらして使うだけで、1日の快適さが、だいぶ違います!

人気のコンタクトレンズ装着液・目薬 3選

 

コンタクトレンズ装着液の目薬を使うだけで、目のパサパサや、カピカピ、といった目の乾燥がかなり軽減されるので、私も、必ず使っています。

 

 

さて、ここで気になるのが、
コンタクトレンズ装着液は、どれがオススメなの?
ということ。

 

 

ここでは、楽天から人気のあるコンタクトレンズ装着液を3つ、お伝えしますので、参考にしてみてください。

 

いずれも、ソフトコンタクトとハードコンタクトの両方に使える、コンタクトレンズ装着液(点眼液)です。

 

メニコンフィット ファインフィット モイスクッションd

楽天で一番、口コミが多いコンタクトレンズ装着液です。

 

ビタミンB12が入っているので、目の疲労を軽減してくれます。

 

 

⇒ 詳細はこちら

レンズと瞳の間に「うるおいの膜」を作ってくれるコンタクトレンズ装着液。

 

形が目薬っぽくないので、目薬と間違って使用することがありません。

 

⇒ 詳細はこちら

レンズを付けたときのゴロゴロ感を抑えてくれるコンタクトレンズ装着液。

 

レンズを装着したときに、「やさしいクール感 (清涼感)」を感じることができます。

 

⇒ 詳細はこちら

 

コンタクトレンズ装着液の口コミと、おすすめの理由

 

「メニコンフィット」の口コミ

 

メニコンフィットは、楽天で最も口コミが多いコンタクトレンズ装着液です。
評判が良いのに、普通の薬局では、なかなか売っていなくて、みんな楽天などの通販で購入する人が多いようです。

 

レンズ装着時の違和感がなくなりました

このコンタクトレンズ装着液を使うと、長時間、コンタクトレンズをつけていても、目の乾燥がだいぶ減ります。

 

コンタクトレンズを付けているときの、瞳のパサパサやカピカピした乾燥が減り、違和感がなくなりました。

 

角膜の保護もできて、目の健康に気をつかっているのも良いです!

 

オフィス内ですごす時の目の乾きが改善されました

オフィスの冷房や暖房で目が乾燥して困っていましたが、このコンタクトレンズ装着液をつけたら改善されました。

 

やっぱり、このコンタクトレンズ装着液を使うと、使わないとでは、瞳の乾きが違います。

 

いつもリピートさせてもらっています。

 

「メニコンフィット」は、利用している人が多いので、口コミの件数も多いです。
楽天では、送料無料で購入できるのも、オススメの理由です。

 

⇒ 【送料無料】「メニコンフィット」の詳細はこちら

 

 

 

「ファインフィット」の口コミ

 

「ファインフィット」は、1箱買うと、箱の中に、コンタクトレンズ装着液が2つ入っています。
これが衛生的! と、人気のヒミツでもあります。

 

注意も必要だけど、目の潤い感は良い感じ

ファインフィットは、乾くと、成分がまつ毛に白く残ります。
なので、メイク前の使用がオススメ!

 

潤い感はすごいと思います。

 

ドライアイの違和感が改善しました

風の強い日や乾燥している場所で、効果を発揮します。

 

ドライアイによるレンズが曇ったり、レンズが目に張り付いた感じが改善されました。

 

目薬を使う回数も減りました。

 

「ファインフィット」は、成分が乾くと、まつ毛に成分が白く残ることがあるけど、コンタクトレンズ装着液としての役割は発揮してくれて、口コミの評判は良いです。

 

⇒ 「ファインフィット」の詳細はこちら

 

 

 

「モイスクッションd」の口コミ

 

ロートCキューブの「モイスクッションd」は、レンズをつけるときに軽い清涼感を感じることができるコンタクトレンズ装着液。
リピートしている人も多いです。

 

目が乾きにくく、目に優しい

ワンデータイプのソフトコンタクトレンズに使っています。

 

とろみ感があり、程よいクッションを作ってくれて、目にも優しい気がします。

 

みなさんも使ってみてください

カピカピ感やシバシバ感が改善され、使用感もイイです!

 

夕方になっても目が楽なので、おすすめ!

 

やっぱり、コンタクトレンズ装着液を使った方が全然違ってきます。

 

ロートCキューブの「モイスクッションd」は、レンズ装着時のゴロゴロ感が改善され、ふわっと装着できる理由もあって人気です。

 

⇒ 「モイスクッションd」の詳細はこちら

 

コンタクト装着液を使わなくて済むレンズを使うのもアリ?


ここまで、おすすめのコンタクト装着液の目薬を紹介してきました。

 

ところで、話の方向性が少し変わるのですが、
そもそも、コンタクトレンズ装着液を使わなくても目が乾かない生活ができたら、嬉しくありませんか?

 

つまり、
コンタクトレンズ装着液で目の乾燥を防ぐのではなく、
そもそも目が乾燥しにくいレンズを選ぶという事です。

 

普通のコンタクトレンズは、時間が経つにつれ、水分が蒸発して無くなります。

 

水分が無くなった分、瞳から水分を奪うのですが、
これが目の乾きにつながり、コンタクト装着液や目薬を使わずにはいられなくなります。

 

しかし、いつまでも水分を一定に保つレンズなら、どうでしょう?

 

目が乾燥しにくくなり、コンタクト装着液や目薬を、1時間とか2時間おきにさす必要が無くなります。

 

そんな目薬不要を実現させたのが、「デイリーズトータルワン」というレンズ。

 

 

私は、このレンズに代えてから、
レンズの装着前に、装着液を1滴たらしたりはしてますが、
日中は目の乾きにより目薬を使う必要が無くなりました。

 

以前は、1日に目薬を何回もさしていました。

 

でも、「デイリーズトータルワン」のレンズに代えてから、
目薬をさす必要が無くなり、めんどくささや、わずらわしさが無くなりました。

 

 

「デイリーズトータルワン」は、世界最先端の技術が詰め込まれた特殊なレンズ構造です。

 

例えるなら、
ソフトレンズの滑らかな付け心地と、ハードレンズの目の乾きにくさの、良いとこどりを取ったレンズなんです。

 

こちらが、「デイリーズトータルワン」のレンズ構造。↓

 

 

レンズ表面の瞳に触れる部分は水分が多く含まれ、付け心地が良くなっています。

 

一方で、レンズ内部は水分を少なくして、空気を通りやすくすることで、ハードレンズのように瞳に空気を届けやすくなっています。

 

瞳の角膜細胞は、酸素を取り込んで呼吸をしていますが、呼吸ができなくなると、目が充血したり、細胞が死んでしまいます。

 

だから、空気が通りやすくなっている構造は重要なんです。

 

一般的なソフトレンズは、レンズ全体に水分が含まれているため、空気の通り道が無いです。

 

そのため、瞳が呼吸困難になり、これが、ますますドライアイになる原因になっています。

 

そして、目薬をさす回数が、ますます多くなる原因になっています。

 

 

いままで、こんな複雑な構造をしたレンズは無かったのですが、
技術が進歩し、こんな未来的で画期的なレンズが登場するようになったんです。

 

 

私は、「デイリーズトータルワン」のレンズに代えてから、レンズ装着液や目薬や点眼液といったものを使うことが極端に減りました。

 

そして、仕事に行くときは、朝から夜までレンズを装着しているのですが、
8時間以上、レンズを装着していても乾燥が感じにくくなり、仕事に集中して取り組めるようになりました。

 

また、
ショッピングの時は、店舗内のクーラーや暖房の風で目の乾燥に悩まされていましたが、
目の乾燥が感じにくくなったことで、快適にショッピングを楽しめるようになりました。

 

 

もし、コンタクト装着液や目薬に頼らない快適な生活にするなら、レンズを代えるという手段もアリかもしれません。

 

私がレンズを「デイリーズトータルワン」に変えたことで、目の乾燥の悩みから開放された体験談は、別の記事に書いています。

 

⇒ 実際に「デイリーズトータルワン」を使ってみた体験談はこちら