デイリーズトータルワンの「BC8.8」は通販で販売は無いのか?

デイリーズトータルワンの「BC8.8」は通販で販売は無いのか?

口コミなどで大人気のデイリーズトータルワン。

 

私は、近視で目が悪く。
さらに、ドライアイがひどいです。

 

そんな悩みを解決できるコンタクトレンズが無いか、探し周った結果、デイリーズトータルワンにたどり着きました。

 

 

今回は、
デイリーズトータルワンのBC(ベースカーブ)について、お伝えします。

 

特に、「BC8.8」が気になっている人が多いようなので、その事についても触れていきたいと思います。

 

 

 

ちなみに、BC(ベースカーブ)とは、レンズの曲がり具合を表している数字のこと。

 

BCの数字が大きいほど、レンズの曲がり具合が緩やかです。
BCの数字が大きいレンズを使うのは、眼球が大きい人にオススメです。

 

逆に、BCの数字が小さいほど、レンズの曲がり具合が急カーブです。
BCの数字が小さいレンズを使うのは、眼球が小さい人にオススメです。

 

 

 

いま、「瞳が乾きにくい」と宣伝しているコンタクトレンズって、いっぱいあります。

 

でも、どれも使っても、5時間くらいコンタクトレンズを装着していると、私のドライアイは耐え切れず悲鳴を上げていました。

 

ただ、「デイリーズトータルワン」にコンタクトレンズを変えたところ、
5〜10時間くらいレンズを付けていても、ある程度、平気になりました。

 

だから、「デイリーズトータルワン」はお気に入りのコンタクトレンズ。

 

 

しかし、
「デイリーズトータルワン」の気になるところは、その値段ではないでしょうか。

 

「デイリーズトータルワン」は快適なコンタクトレンズ生活を提供してくれる代わりに、ソフトコンタクトレンズの中では、最も高い値段のレンズになります。

 

 

そのため、できるだけ安い値段で買いたくて、私は、最安値で売っている通販ショップで買っています。

 

⇒ ちなみに、最安値の通販ショップについては、コチラで紹介しています

 

 

ただ、ここで気になるのが、レンズのBC
つまり、ベースカーブについて。

 

 

実際の店舗で買う場合、
眼科の医師の診断を行ってもらう必要があり、
医師の処方箋が出ないとコンタクトレンズを買う事ができません。

 

でも、通販ショップの場合、眼科の医師の処方箋不要で買うことができます。

 

そのため、通販ショップで購入する場合、
医師の処方箋不要で買うことができるため、すぐに購入できて自宅にも届けてくれるし便利、というメリットがあります。

 

 

ただ、デメリットもあります。

 

それは、自分の目にあったBC(ベースカーブ)のレンズを買えるか分からない、ということ。

 

コンタクトレンズを買ったけど、BC(ベースカーブ)が自分の目に合わなかった、となったら悲しいですよね。

 

 

実際の店舗では、医師が処方箋を出してくれるので、BC(ベースカーブ)が自分の目に合わないことは、あまり有りません。

 

だけど、
通販ショップでは、医師の処方箋不要で買うことができる反面、BC(ベースカーブ)が自分の目に合わないレンズを買ってしまうことが起こりえます。

 

 

 

「デイリーズトータルワン」は、通販ショップで買うのが一番安く買える方法です。

 

値段の違いだけで、モノは同じなら、できるだけ安いショップで買った方がいいですよね。

 

でも、一方で、自分の眼球の大きさに合わないBC(ベースカーブ)のレンズを買って失敗してしまった。
なんて事には、なりたくないですよね。

 

 

 

さて、まず、最初にお伝えしたいことですが。

 

「デイリーズトータルワン」は、「BC8.8」のサイズのレンズを買おうとしても買うことはできません。

 

通販ショップでは、「BC8.8」のサイズは売っていないからです。

 

 

「デイリーズトータルワン」を製造している、Alcon(アルコン)のホームページを見ると、このような表があります。

 

 

これは、「デイリーズトータルワン」の製品基本情報ですが、この表を見ると、

 

「デイリーズトータルワン」のBC(ベースカーブ)は、「8.5」と「8.8」の2種類のタイプが製造されているようです。

 

 

しかし、日本で、一般に出回っているBC(ベースカーブ)は、「8.5」のみ。

 

BC(ベースカーブ)が、「8.8」のものは、日本では、あまり売られていないようです。

 

そして、通販ショップに至っては、「BC 8.8」のサイズは全く無いです。

 

私が、いろいろな通販ショップを探し周って調べあげた結果、「BC 8.8」のサイズは無いことが分かりました。

 

 

「BC 8.8」のサイズが市場に出回っていない理由についてですが。
これは推測ですが。

 

「デイリーズトータルワン」のコンタクトレンズは、ソフトレンズとしては、最新のもので、最新の技術が詰め込まれた最高傑作です。

 

実は、日本では、コンタクトレンズについては後進国で、最新のコンタクトレンズが製造されても、すぐに販売されない傾向にあります。

 

そして、日本で販売され始めたとしても、最初に出回るBCは、多くの人が使うであろうBCが先に市場で販売されます。

 

つまり、
「BC 8.5」のサイズは、多くの人が使うサイズなので、売られているが、
「BC 8.8」のサイズは、使う人が少ないサイズなので、あまり売られていない。

 

という事だと思います。

 

 

 

ここで、「BC 8.8」が無い、ということは、
「BC 8.8」のサイズが欲しい人は、「デイリーズトータルワン」の購入を諦めなければならないのか。

 

と思うかもしれませんが、諦めるのは早いです。

 

 

なぜなら、
私も、当初は、「BC 8.8」のサイズのデイリーズトータルワンを買いたかった人だったからです。

 

そして、「BC 8.8」のサイズは買えませんでしたが、この問題は解決できました。

 

 

私は、ドライアイがひどい目です。

 

「デイリーズトータルワン」なら、コンタクトレンズを長時間、装着していても目が乾きにくい。
という事だったので、「デイリーズトータルワン」が欲しいと思いました。

 

ドライアイのせいで、眉間にしわが寄った表情になることもありました。

 

 

さすがに、眉間にしわが寄った表情だと、
仕事の場面で、職場の人と会話していると、相手に不快な思いをさせてしまいます。

 

実際に、
「え!? この人、何イラついた表情してるの!?」
と思われた場面もありました。

 

また、デートみたいな異性と会話する場面でも、良い印象を与えることができません。

 

 

私の場合、ハードコンタクトは合わなくて。
つけるなら、ソフトコンタクト。

 

そして、ソフトコンタクトの中でも、長時間レンズつけていても瞳が乾きにくい、「デイリーズトータルワン」が欲しかったんです。

 

 

でも、
私は、眼球が大きいみたいで、今まで使っていたコンタクトレンズのBCは8.7でした。

 

なので、デイリーズトータルワンを買うなら、「BC 8.5」より「BC 8.8」がいいかな〜、って思ってたんです。

 

でも、「BC 8.8」のサイズは手に入らない。。。

 

 

諦めそうになりましたが、改めて、コンタクトレンズのBCについて調べてみました。
すると、意外な事実が分かりました。

 

BCが重要になってくるのは、ハードレンズの場合のようです。

 

つまり、ソフトレンズの場合、BCはそれほど重要では無いことが分かりました。

 

 

ハードレンズの場合、
最適なサイズより大きい数値のBCだと、レンズのカーブが緩いため、すぐに目からポロっと取れてしまいます。

 

逆に、最適なサイズより小さい数値のBCだと、窮屈なカーブのレンズを装着することになり、目の角膜に酸素が届きにくくなるため、角膜の異常が起こったりします。

 

ハードレンズの場合は、瞳のサイズにあったBCの数値のレンズを装着することが、すごく重要なんです。

 

 

 

でも、ソフトレンズの場合、BCの数値は、それほど重要ではありません。

 

なぜなら、ソフトレンズは柔軟な素材で作られており、BCの数値に、少しのズレがあっても瞳にフィットするからです。

 

 

この事が分かり、
私の場合、本来の数値は、BC8.7が最適でしたが、
「BC 8.5」の数値のデイリーズトータルワンを試しに購入してみることにしました。

 

 

ちなみに、
こちらが、購入したデイリーズトータルワンの画像↓

 

 

右の箱が、「プロクリアワンデー」という、いままで使っていたレンズです。
「BC 8.7」と書いてあります。

 

左の箱が、「デイリーズトータルワン」。
「BC 8.5」と書いてあります。

 

本来、「BC 8.7」が最適なサイズの私が、「BC 8.5」のサイズのデイリーズトータルワンを買って使ってみました。

 

 

その結果・・・。

 

 

全然、大丈夫でした!(^^)/

 

ソフトレンズの場合、
本来の最適なサイズのBCとは違うサイズのレンズをはめても瞳にフィットする、というのは本当のようでした!

 

いままで使っていたレンズは、5時間くらい経つと瞳の乾きが気になって般若みたいな表情になっていました。

 

でも、「BC 8.5」のデイリーズトータルワンを購入したところ、5〜10時間くらいレンズを装着していても、瞳の乾きが気にならなくなりました。

 

 

本当は、「BC 8.8」のレンズが最適かな、と思っていましたが、「BC 8.5」のレンズでも大丈夫でした。

 

 

これは、全員に当てはまるかどうかは分かりませんが、
私の場合は、「BC 8.8」の購入を諦めて、「BC 8.5」の方を購入して正解でした☆

 

 

もし、
「BC 8.8」が買いたかったのにな〜、
って諦めている方がいたら、諦めるのは早いかもしれません。

 

ソフトレンズは柔軟な素材でできているので、「BC 8.5」の方を購入しても平気な可能性があります。

 

 

私は、「BC 8.5」のデイリーズトータルワンを使って、快適なコンタクトレンズ生活を手に入れました。

 

以前のように、仕事で職場の人と会話する場面や、デートなどで異性と話す場面で、眉間にシワが寄った表情になることが無くなりました。

 

 

もし良かったら、
「BC 8.5」のデイリーズトータルワンも試してみてください(^^)/☆

 

ちなみに、
デイリーズトータルワンの最安値については、別の記事で詳しく書きました。

 

最安値をチェックしたい方はこちら。
↓ ↓ ↓