デイリーズトータルワンのレビューと感想

【レビュー】デイリーズトータルワンを購入して使ってみた感想

 

目の乾燥やドライアイになりにくいコンタクトレンズとして、いま話題のデイリーズトータルワン(DT1)。

 

デイリーズトータルワン(DT1)を実際に購入してみたので、そのレビューと感想をお伝えします。

 

私がいままで使っていたコンタクトレンズと、デイリーズトータルワンを比較して、どのように目の乾燥が改善されたのか。

 

ちなみに、デイリーズトータルを使用した期間は半年

 

気づいたら、長く使っていましたが、実際のところ使用感はどうだったのか?

 

レビューと感想をお伝えします。

デイリーズトータルワンとの出会い

わたしは、目の乾燥ドライアイが激しい体質なのが悩みです。

 

 

コンタクトレンズは、かれこれ15年くらい使っているのですが、
いろいろなコンタクトレンズを試してもドライアイになってしまい悩んでいました。

 

目薬を2時間おきにさしていた事もあり、正直、わずらわしかったです。

 

 

一時期、ソフトコンタクトレンズからハードコンタクトレンズに変更した時期もありました。

 

でも、ハードコンタクトレンズのゴロゴロ感が嫌で、結局、ソフトコンタクトレンズに戻しました。(>_<)

 

 

ソフトコンタクトレンズの方が良かったものの、やはり長時間使っていると、瞳の乾燥やドライアイが気になるんですよね〜。

 

朝にコンタクトレンズを装着して、夜になると、もう瞳が乾燥して大変!
しかめっ面をすることも、しばしばありました。

 

それだと、見た目の印象が悪いですよね。
目の乾燥が気になって、仕事も集中して、こなす事ができないし。

 

 

だから、もっと目に潤いを与えるようなコンタクトレンズがないかな〜。
なんて、思っていたんです。

 

 

ちなみに、私が今まで使っていたコンタクトレンズがこちら。

 

 

「プロクリアワンデー」という、ソフトコンタクトレンズ。
日本で発売されているコンタクトレンズの中では、最も瞳が乾燥しにくいコンタクトレンズと言われてきました。

 

 

「最も瞳が乾燥しにくくて、ドライアイにならないコンタクトレンズが欲しいです!」

 

と、眼科で相談すると、だいたい「プロクリアワンデー」をオススメされます。

 

私も、
「ドライアイで目が不快になるのが嫌なので、もっと快適なコンタクトレンズをください」
と相談して、アイシティで「プロクリアワンデー」を購入しました。

 

 

「プロクリアワンデー」は愛用してきた感想としては。
たしかに、日本で発売されているソフトコンタクトレンズでは、瞳が潤うコンタクトレンズの分類に入ると思いました。

 

 

ただ、これまで、最も瞳が乾燥しにくいと言われていた「プロクリアワンデー」ですが、ドライアイを防げる訳ではないです。

 

8時間以上レンズを装着したりして、長時間レンズを装着していると、やっぱり目の乾燥が気になってきます。

 

 

もっと、長時間つけていても目が乾燥しないレンズはないのだろうか・・・。

 

そんな悩んでいる時にみつけたのが、「デイリーズトータルワン」
きっかけはCMでした。

 

 

このCMを見て、「なんか良さそう」という感想をもったので、さっそく購入してみました。

 

デイリーズトータルワンの開封レビュー

 

私は、通販サイトで、デイリーズトータルワンを購入しました。

 

すると、「500ミリリットルのペットボトル」くらいの大きさの箱が自宅に届きました。

 

「レンズモード」というサイトで購入できるので、
そこから安く購入し、注文してから3日後に自宅に届きました。

 

ちなみに、安く購入できた通販サイトはこちら
 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

さて、引き続き、デイリーズトータルワンのレビューです。
箱の中身はこんな感じでした。

 

 

私は、度数を現すPWRが、
左目「-4.00」、右目「-4.50」のコンタクトレンズを使っていたので。
「デイリーズトータルワン」も、この度数を購入しました。

 

PWRとは、レンズの度数のことですが、
「D」・「P」・「SPH」などと表記されることもあります。

 

 

たとえば、私が、いままで使っていた「プロクリアワンデー」の度数は「D」で表記されています。

 

右目は、「D -4.50」だったので、
「デイリーズトータルワン」も「PWR -4.50」を購入しました。

 

 

気になったのが、ベースカーブ。
ベースカーブは、コンタクトレンズのドームの形の曲がり具合を表す数値で、「BC」と表記されます。

 

今まで私が使っていた「プロクリアワンデー」は、「BC 8.7」。
でも、「デイリーズトータルワン」は「BC 8.5」しか選べませんでした。

 

BC(ベースカーブ)の数値は、わずかな違いだったこともあり、気にせず、とりあえず試してみました。

 

デイリーズトータルワンを使ってみた感想

 

 

 

レンズを目に装着してみると。
ピッタリ!

 

いままで使っていたレンズと、BC(ベースカーブ)の値が少し違うものを購入しましたが、実際にレンズを装着してみると、その違いは気になりませんでした。

 

従来のコンタクトレンズというのは、ビニールの素材で作られているものが多いです。

 

でも、「デイリーズトータルワン」は、シリコンの素材で作られていて、伸縮性があり、瞳に馴染みやすいです。

 

そのためか、
BC(ベースカーブ)の値が、昔使っていたレンズと違っていても、気になりませんでした。

 

 

 

そして、使ってみた感想ですが。

 

とっても良い!
です。

 

 

とくに違和感なく、レンズを装着できました。

 

 

そして、「デイリーズトータルワン」のコンタクトレンズを朝につけて、そのまま仕事に向かいました。
「デイリーズトータルワン」をつけたまま、10時間仕事をしてみました。

 

 

10時間レンズを装着してみての感想としては。
やっぱり良い!
です。

 

 

「デイリーズトータル1」のCMで、「夜が違います!」と宣伝していましたが。
やっぱり、夜が違いました。

 

いままで使っていたコンタクトレンズだと、夜には目が乾燥してきて、ドライアイが気になっていましたが。
「デイリーズトータルワン」だと、長時間つけていても目の乾燥がほどんど気になりませんでした。

 

 

 

ただ、弱点としては、クーラーや暖房の近くなど、風が吹いている近くに長時間いると、わずかながら目の乾燥が気になります。

 

ちょっとだけ気になるという程度でしたが、ドライアイを完璧に防げるという訳ではないようです。

 

単に、私のドライアイ体質がヒド過ぎるだけかもしれませんが。

 

 

でも、いままで使ってきた、最も目が乾燥しないコンタクトレンズと言われている「プロクリアワンデー」と比較して、「デイリーズトータル1」の方が、目の乾きが気になりませんでした。

 

 

「デイリーズトータル1」のCMで、「レンズをつけている事を忘れちゃう!」って言っていましたが、ウソではないようです。
実際に、仕事帰りの電車の中で、

 

今日はやけに視力が良くみえるな。
・・・あ、そうか!コンタクトレンズしてたんだ!

 

という場面がありました。

 

 

いつも感じていた目の乾燥がなかったので、私も、コンタクトレンズをしていることを思わず忘れていました。

 

 

 

私はコンタクトレンズは15年くらい使用していて、いろいろなコンタクトレンズを使用してきました。
そして、その経験からの感想ですが。

 

目の乾燥が気にならない、快適なコンタクトレンズ生活を送るなら、「デイリーズトータルワン」が最も良いコンタクトレンズだと思いました。

 

デイリーズトータルワンで変わった、驚きの生活環境

最後になりますが、
はじめは、デイリーズトータルワンの購入を迷っていましたが、
思い切って買って使ってみたところ、すごく良かったです。

 

 

ドライアイによる目の乾燥が軽減されて、仕事に集中して取り組めるようになり、パフォーマンスが上がりました。

 

また、プライベートでは、
ショッピングの時とか目の乾燥に気を取られることが減り、快適にショッピングが楽しめるようになりました。

 

さらに、
以前は、2時間おきに目薬をさす事もあったのに、「デイリーズトータルワン」のレンズに代えてから目薬不要になり、目薬を使うわずらわしさから解放されました。

 

 

私が、デイリーズトータルワンを使ってみた感想としては。
ドライアイや目の乾燥を防げる、最新の技術が詰め込まれた、素晴らしいコンタクトレンズだと思いました。

 

使ってみる価値アリですよ☆(^^)

 

ちなみに、ほぼ毎日使うデイリーズトータルワンなので、できるだけ安く購入したいもの。

 

最安値ランキングにして、まとめたので、良かったら、ご参考ください。

 

デイリーズトータルワンの最安値ランキングはこちら
 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓