【あえて言う!】デイリーズトータルワンの悪い評価

【使ってみて分かった】デイリーズトータルワンの悪い評価

 

「デイリーズトータルワン」を購入して、使ってみましたので、レビューします。
ここでは、「デイリーズトータルワン」使ってみて分かった悪いところ、悪い評価をお伝えします。

 

ちなみに、使用した期間は、『6ヶ月間』
「デイリーズトータルワン」を『3ヶ月間』、実際に使ってみたら、良い点もありましたが、悪い点も見つかりました。

 

そこで、今回は、「デイリーズトータルワン」を実際に使ってみて分かった、悪いところ、悪い評価・感想をお伝えします。

デイリーズトータルワンが悪いと思った感想2つ

私は、コンタクトレンズを、かれこれ15年くらいは使用しています。
ソフトコンタクトレンズはもちろん、ハードコンタクトレンズも試してきました。

 

いろいろ試してみて、これまで一番使っていたソフトコンタクトレンズは、「プロクリアワンデー」。

 

眼科のお医者さんや、アイシティで相談して、「一番、瞳の乾燥が気にならない」コンタクトレンズとのことだったので、使っていました。

 

 

ところが、時代は進歩し、「プロクリアワンデー」を上回るワンデータイプのコンタクトレンズが誕生しました。
それが、「デイリーズトータルワン」。

 

 

「お!これは期待できるかも!?」

 

そう思って。
さっそく、「デイリーズトータルワン」を購入して、3ケ月間使ってみました。

 

 

せっかくなので、「プロクリアワンデー」と、これまで私が使っていた「デイリーズトータルワン」を比較してみます。

 

そして、あえて、「デイリーズトータルワン」の悪いところ、悪い評価をお伝えします。

 

 

かなり辛口に表現しますが、結論から言うと。
「デイリーズトータルワン」の悪い点は、2つありました。

 

 

【1】
クーラーや暖房がきいている室内に長時間いると、わずかですが、瞳の乾燥が気になってくる。

 

【2】
コンタクトレンズをはずす時、すぐに取りはずせなくて焦る。


 

クーラーや暖房が効いている室内で瞳が乾燥する

「デイリーズトータルワン」は、レンズを付けていることを忘れてしまうくらい、付け心地のよいコンタクトレンズと宣伝されています。

 

これは本当で。
実際に、使ってみて、レンズを付けていることを忘れてしまう場面が多々ありました。

 

 

 

しかし、ある時、「少しだけ、レンズの乾燥が気になるな〜。」って思った場面があったんです。
それが、クーラーや暖房のような空調がきいている室内にいるとき。

 

 

クーラーや暖房のような空調がきいている室内って、室内に風の流れがありますよね。
あと、少し室内が乾燥していたりしますよね。

 

このような、クーラーや暖房のような空調がきいている室内に長時間いると、少しだけ、レンズの乾燥が気になりました。

 

 

レンズを付けていることを忘れてしまうくらい、付け心地のよいコンタクトレンズと宣伝されている「デイリーズトータルワン」。

 

しかし、クーラーや暖房がきいている、風の流れがあり乾燥している室内では、レンズの乾燥を、わずかですが感じてしまいました。

 

私としては、ここが「デイリーズトータルワン」の悪い点だと思いました。

 

デイリーズトータルワンのレンズが、すぐに外せない

 

コンタクトレンズをはずす時、すぐに取りはずせなくて焦る
ここも、「デイリーズトータルワン」の悪い点だと思いました。

 

 

↑こちらが、「デイリーズトータルワン」のレンズ。

 

 

実は、普通のレンズと比べて、表面がツルツルしていて、すべりやすいです。

 

このツルツルが、目に装着したときに、付け心地の良さを実現させているのかもしれませんが、レンズを外すときが厄介です。

 

ソフトのコンタクトレンズって、レンズを外すときに、レンズをつまむようにして外しますよね。

 

「デイリーズトータルワン」は、レンズを外そうと、レンズをつまむ時に、ツルツル滑って外せないことが多々あります。
なので。

 

「やば! レンズが外せない!?」
って、焦るんです。

 

 

なので、「デイリーズトータルワン」のレンズを外すときは、少しコツが必要です。

 

そのコツをお伝えすると。
まず、いつも通り、ハンドソープなどで、手を綺麗に洗います。

 

そして、手を洗ったら、レンズをつまむ指の水滴をティッシュペーパーで吸い取ります。
指を乾燥させた状態で、レンズをつまむ。
すると、レンズを外すことができます。

 

 

しかし、片方のレンズを外したあと、もう片方のレンズを外そうとしても、ツルツル滑って、レンズが外せません。
片方のレンズを外すと、レンズの水分を指で触ってしまい、指が濡れて、濡れた指でレンズを外そうとしても、ツルツル滑って外せないからです。

 

なので、片方のレンズを外したら、再度、ティッシュペーパーで指の水分をとって乾燥させる。
そして、乾燥させた指で、もう片方のレンズを外しましょう。

 

これで、「デイリーズトータルワン」のレンズを外すことができます。

 

 

「デイリーズトータルワン」のレンズを外すときは、レンズを外す直前に、指の水分をティッシュペーパーで吸い取らないと外せない。

 

これが、「デイリーズトータルワン」を使ってみての、私の悪い感想です。

 

 

 

ちなみに、
「レンズを目に装着しようとする時も、ツルツル滑って、指の上からレンズが落ちてしまうんじゃないの?」
と思う方もいると思いますが。
レンズを装着するときは、大丈夫でした。

 

レンズがツルツル滑って困るのは、レンズを外すときだけでした。

 

他のレンズと比べて、デイリーズトータルワンの悪い点を評価してみた

 

さて、ここまで、「デイリーズトータルワン」の悪い点、悪い評価をしてきましたが。
「プロクリアワンデー」と比較して、どうなのか?
という事をお伝えします。

 

 

「プロクリアワンデー」は、「レンズの乾燥が気にならない」・「ドライアイが気にならない」と評判のコンタクトレンズです。

 

これは、2016年の春くらいの時期までの話ですが。
眼科のお医者さんや、アイシティに相談して、
「一番、瞳の乾燥が気にならないコンタクトレンズをください。」
と相談したところ。
「プロクリアワンデー」をオススメされていました。

 

 

「プロクリアワンデー」を使ってみて、確かに、レンズの乾燥が気にならないことが多々ありました。
でも、風の吹いている天気の外出先や、冷房や暖房の空調がきいていて、風の流れがある室内では、レンズの乾燥が気になっていました。

 

 

レンズの乾燥が気になると、顔の表情が豊かにならず。

 

というか、極端に言うと、目が不快なあまり、般若(はんにゃ)みたいな顔になってしまい、会社の中で仕事をする上で、仕事仲間や取引先相手に不快な印象を与えてしまう事もありました。

 

また、プライベートでは、デートみたいな大事な場面で、顔の表情が悪いせいで、異性に対して悪い印象を与えてしまう事もありました。

 

 

 

だから、「プロクリアワンデー」を上回る、レンズの乾燥が気にならないコンタクトレンズが欲しくて、「デイリーズトータルワン」を買ってみました。

 

結果として、「デイリーズトータルワン」は、今回お伝えしたように悪い点もありました。

 

 

 

しかし、今回お伝えした事は、かなり辛口の表現でお伝えしています。

 

私は、とてもドライアイになりやすい目の体質です。
普通のコンタクトレンズだと3時間くらいレンズをつけていると、目元が不快に感じ、般若(はんにゃ)みたいな顔になってしまいます。

 

 

そんな私が、実際に「デイリーズトータルワン」を購入して使ってみた感想ですが。

 

今まで使っていた「プロクリアワンデー」と比較して、「デイリーズトータルワン」の方が、瞳の乾燥が気にならず、使い心地は上回っていました。

 

今回お伝えしたような、クーラーや暖房がきいている室内に長時間いると、少し、目の乾燥を感じるという悪い点はあったものの。

 

これまで使っていたコンタクトレンズと比べて、レンズを装着していられる時間が増え、8時間から、長くて10時間くらいはレンズを付けていられました。

 

 

つまり。

 

「デイリーズトータルワン」は、レンズの乾燥を完璧に気にならない訳ではないけど、「プロクリアワンデー」よりは、レンズの乾燥が気にならなかった。

 

というのが、私の正直な感想です。


 

コンタクト歴15年の私が、使ってきて一番良かったレンズは?

 

ちなみに、「デイリーズトータルワン」は海外では2014年以前に発売されていました。
でも、日本において、一般的に販売され始めたのは、2016年の秋ごろからです。

 

それまでは、「瞳の乾燥が気にならない」コンタクトレンズとして日本で一番良いものは「プロクリアワンデー」でした。

 

 

私は、ドライアイがひどい体質で、アイシティのようなコンタクトレンズ専門店でドライアイの悩みを相談していたのですが。
2016年の夏くらいまでは、一番良いとオススメされたのが「プロクリアワンデー」でした。

 

ところが、2016年の秋ごろに、再びアイシティに行って、ドライアイの悩みを相談したところ、一番良いとオススメされたのが「デイリーズトータルワン」でした。

 

 

 

やっぱり、時代は進歩しているなと思いましたし。
実際に、「デイリーズトータルワン」と「プロクリアワンデー」を両方試した結果、「デイリーズトータルワン」の方が瞳の乾燥が気になることがありませんでした。

 

 

 

「瞳の乾燥が気にならない」・「ドライアイが気にならない」。
そんなコンタクトレンズを探してきた結果、いまのところ「デイリーズトータルワン」が1番良いレンズだという結論になりました。

 

私は、15年くらいコンタクトレンズを使用してきましたが、やっぱり「デイリーズトータルワン」みたいな、最新のコンタクトレンズの方が、瞳の乾燥が気にならなかったです。

 

値段が高いのも悪い点?

ここで、あなたは「デイリーズトータルワン」を試してみようかなと思ったかもしれませんが。

 

「デイリーズトータルワン」をアイシティのようなコンタクトレンズ専門店で買うと、値段が高いです。

 

そこも、デイリーズトータルワンの悪い点かもしれません。

 

しかし、通販サイトで購入することで、この点は問題なくなります。

 

私は「デイリーズトータルワン」を「レンズモード」という通販サイトで買ったのですが。
値段は税込3,025円で買いました。

 

ところが、アイシティの場合、税込4,298円でした。

 

こちらが、証拠写真↓ アイシティの店舗で写真を撮ってきました。

 

 

1箱あたり、1,273円も違います。

 

そして、コンタクトレンズは両目あわせて2箱買うのが通常ですから。
実際は、税込2,546円も値段に差があります。

 

 

「デイリーズトータルワン」については、一番安く手に入るところは、「レンズモード」という通販サイトです。

 

海外からコンタクトレンズを取寄せるとなると、不安に思うかもしれませんが、ここは信頼できます。
私も「レンズモード」から購入しました。

 

「レンズモード」から購入し、6ヶ月は使用していますが、何の問題もありません。

 

デイリーズトータルの値段について、
通販の最安値ランキングをまとめたので、良かったら、ご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

また、「デイリーズトータルワン」と「プロクリアワンデー」については。
レンズの厚さも比較してみましたので、比較が気になる方は、別の記事もご覧ください。

 

⇒ 「デイリーズトータルワン」と「プロクリアワンデー」のレンズ厚さの違いはコチラ